読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Roland Double Beat

70年代から作られていたローランドのワウファズです。
今は手元にありませんが、以前2台所有していました。


このエフェクターは製造年によって3種類あるらしいのですが、写真の物は初期の物のようです。
特徴はインプットが右側、ワウ部分のポットをギヤで回すのでは無く、クランク式の部品で回す、ディスクリート回路(オペアンプを使わない回路の事)です。


初期のワウ部分


中期のワウ部分 インプットは左側にあります。仕様かは解りませんが塗装の感じも違います。

この2台を比べると、初期の物の方が良かったです。
ファズ部は初期の物の方が低域が強く、ワウ部はストロークの幅が断然広いです。
もちろん個体差もあるので、一概には言えませんが。