MXR phase 45 /Rev.B

f:id:Billl:20170402143521j:plain

 

 

f:id:Billl:20170402144326j:plain

 

 

f:id:Billl:20170402145104j:plain

 

 

f:id:Billl:20170402145421j:plain

 

 

f:id:Billl:20170402151449j:plain

 

 

f:id:Billl:20170402151308j:plain

 

 

f:id:Billl:20170402152037j:plain

 

 

f:id:Billl:20170402151942j:plain

 

 

f:id:Billl:20170402152627j:plain

 

 

f:id:Billl:20170402153717j:plain

 

 

f:id:Billl:20170402153456j:plain

 

 

f:id:Billl:20170402152841j:plain



 

 

 

THE EFFECTOR book vol.35

毎度お馴染み、エフェクターブック最新号がシンコーミュージックさんより3月11日(土)に発売です。

今回の特集は「ダンブル系エフェクター」。
ダンブル・アンプの現物に触れたことがない人にとってはもちろん、ダンブル・アンプを持っている人にとっても色々と難しいカテゴリーだった訳ですが、今回はダンブル・アンプの現物を交えて徹底検証しています。

「そもそもダンブルって一言にくくれる言葉じゃないだろ」や、「ダンブル再現するの無理だろ」などとお考えの方が多いと思いますが、何せ今回は現物を4台用意しているので、説得力の強い検証や考察になると思います。

その特集記事の中で私はダンブル系ペダルの歴史紹介と、Free The Tone代表であり、自他共に認めるダンブルファンの林 幸宏氏へのインタビューを担当しています。
林さん、ヴィンテージも含めた全てのエフェクターにお詳しくて、最高です。業界で一番詳しいんじゃないかと思うぐらい。
筋の通った本当に良いインタビューでした。是非、誌面でご一読ください。

また、私の連載記事である「マニアの極北」では、エフェクターに使うコンデンサーを色々と試しています。

ギターのトーン回路に使うコンデンサーに言及した記事は多くありますが、エフェクターの内部に使うコンデンサーについて書かれた記事はあまり多くないように思います。
エフェクターの改造、製作をする人には有用な記事になったかと。

その他にも相変わらずためになる記事が大量です。
少しでも興味のある方は是非、読んでみてください。

Shop "EFFECTOR PHOTO LIBRARY" is just open!!

この度、アメリカの大手楽器取引サービス"Reverb"にショップを出店致しました。
ショップ名はそのまま『Shop "EFFECTOR PHOTO LIBRARY" 』。
研究が既に終わっている、もしくは複数所有しているエフェクターや、ヴィンテージの電子部品などを売却していこうと考えています。
ここで販売されるエフェクターは、このエフェクター写真館に掲載された実物となり、雑誌の取材、著名プレイヤーの試用などでも使われたことのある希少なものばかりです。
興味のある方は是非ご覧ください。

Shop "EFFECTOR PHOTO LIBRARY" on Reverb
https://reverb.com/jp/shop/effectorphotolibrary

THE EFFECTOR book vol.34

毎度お馴染み、エフェクターブックの新刊が12月12日に発売となります。
今号の特集は"コンパクト・プリアンプ"。
元々は打ち合わせ時に話題に挙がった「家で良い音出したいよね。アンプ鳴らせないけど。」から始まり、気付くとプリアンプ特集に流れ着いていました。
その特集の中でなぜか我が家の音出し環境を晒しています。
私が行っているエフェクター、電子部品のレビューや、諸々の研究がどのような環境で行なわれているのか、という記事なのですが、それが冒頭の「家で良い音出したいよね。アンプ鳴らせないけど。」の解決法に少し近いということで、無理やり盛り込まれています。
本来であればその他にも色々と記事のお手伝いをさせて頂くのですが、今号の編集期間は日本のインストゥルメンタルバンド"MONO"とフランスの"ALCEST"とのヨーロッパツアーに同行していたため、この辺りの原稿はスロベニアで書いていた記憶があります。

スロベニア


続いて私の連載記事ではエフェクターのDCケーブルに関する実験を敢行。
以前にもDCケーブルの実験を行ったことがありましたが、それはあくまでも初歩的なもので、対して今回はより進んで良い音を出すためのDCケーブルを研究してみました。

その他、今回も様々なメーカー、プレイヤーのインタビュー記事や、製品情報が満載です。
是非、ご一読下さいませ。